爪がでこぼこになる原因

爪が傷んでしまう原因

 

爪が傷んでくると、爪がでこぼこになってきて、見た目も気になってしまいます。

 

私も仕事がら指先は人に見られることが多く、でこぼこになった爪はいつも気になっていました。

 

 

爪を補修してきれいにしなければと思っていても、

 

いつもマニュキュアを塗るわけにはいかないし、ネイルサロンにもなかなか行けないし・・・

 

 

爪のでこぼこを手軽に補修できる方法はないかな???
できれば見た目もお洒落な感じにできればな??

 

 

そう思って、何かかいい美容液はないかなとネットで探していたら、手軽に爪のでこぼこを補修できる美容液を見つけました!

 

 

傷んだ爪

 

 

 

爪のでこぼこを治す方法を探していると、いろんな情報からこんなことが分かりました。

 

 

見た目は全く違うように見えるけれど、爪は皮膚が変化したものだそうです。

 

 

なので、肌のスキンケアをするのと同じように、爪もネイルケアをしなければ傷んでしまうのは当然のことのようです。

 

確かに、スキンケアはいろんな化粧品もあり、スキンケアのコマーシャルはいつも見慣れているから、肌のお手入れは大事だなって思いますけど、ネイルケアってあまり毎日のようには気にしてませんよね。

 

でも、爪は皮膚の一部だと考えたら、やっぱりネイルケアは必要だなって思いますよね。

 

 

爪は、80%がケラチンという成分で、残りが水分や脂質からできているそうです。

 

そのケラチンという成分が不足しているために、爪がデコボコになってしまうようです。

 

 

爪がでこぼこになっただけでも気になりますが、それをケアしないで放っておくと、爪が欠けたり、剥がれたり、折れたりするところまでいってしまい、そうなるともっと大変です。

 

 

では、どうしてケラチンという成分が不足してくるのかといえば、爪が乾燥してうるおいがなくなってしまうようなこと、例えば除光液を使う、水仕事が多い、加齢による劣化などが考えられるそうです。

 

 

爪がでこぼこになるようなことをできるだけ避けるのも大事ですけど、かといって水仕事をしないわけにはいかないし、年は誰でもとってしまうものだし、、、

 

だからこそ、早い段階でケアすることが大切なようです。

 

 

美爪の休日プレミアムの公式サイトはこちら

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓